一方向(読み)いっぽうむき

精選版 日本国語大辞典の解説

いっぽう‐むき イッパウ‥【一方向】

〘名〙
① 一つの方向、または方面に向いていること。また、一つの方向のみに専念すること。
※史記抄(1477)一五「圜陳とは、一方むきにはせいで、まんまるに陣を取て、十方からせむる敵を受て」
② 一方にばかりかたよっていること。一方を重んじ他方を軽んじること。
※土井本周易抄(1477)二「陰ばかりでも、陽ばかりでも、一方むきでわるからうぞ」
③ 中世の裁判で、一方の言い分だけをとりあげて決着させるやり方。他方からの非難の言葉に用いられる。
※勧修寺文書‐二一・天文六年(1537)八月日・勧修寺宮門跡雑掌陳状案「一方向之儀、言語道断働存候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一方向の関連情報