コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合除比の理 ゴウジョヒノリ

デジタル大辞泉の解説

ごうじょひ‐の‐り〔ガフヂヨヒ‐〕【合除比の理】

比例式に関する定理の一。abcdが成り立つとき、(ab):(ab)=(cd):(cd)も成り立つこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうじょひのり【合除比の理】

合比の理と除比の理をまとめたもの。a : b c : d ならば(a b ):(a -b )=(c d ):(c -d )が成り立つこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報