コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良上野介 キラコウズケノスケ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉良上野介
きらこうずけのすけ

吉良義央」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉良上野介
きらこうずけのすけ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉良上野介の言及

【吉良義央】より

…江戸中期の幕臣。赤穂事件の中心人物。通称上野介。禄高は4200石。1668年(寛文8)に父の跡をついで高家(こうけ)となり肝煎(きもいり)をつとめたが,1701年(元禄14)3月14日に江戸城中で,礼式指導で侮辱されたとして赤穂藩主の浅野長矩(ながのり)に斬りつけられて負傷し,辞職して翌年隠居した。切腹となった長矩の家臣は,義央を浅野家を破滅に追いこんだ事実上の仇敵とみなし,義央は02年12月14日赤穂浪士に邸を襲われて殺害され,吉良家はその際の対処の仕方が〈不埒〉であるとして取りつぶされた。…

※「吉良上野介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉良上野介の関連キーワード浅野長矩墓および赤穂義士墓松之廊下刃傷事件仮名手本忠臣蔵富森助右衛門堀部弥兵衛元禄忠臣蔵潮田又之丞合いことば赤穂事件塩谷判官栗崎道喜赤穂義士赤穂浪士大石良雄上杉綱憲山田宗徧三桝 豊華蔵寺吉良氏高師直

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉良上野介の関連情報