コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同盟会議 どうめいかいぎ

百科事典マイペディアの解説

同盟会議【どうめいかいぎ】

全日本労働総同盟組合会議

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の同盟会議の言及

【同盟】より


[結成に至る歴史]
 同盟の前身ともいうべき全労会議(1954結成)は,総同盟と全労会議(総同盟を除く)という二つの全国中央組織を抱える変則的組織形態を有しており,組織競合問題を生じていた。この問題を解決し,民主的労働戦線の統一を図るべく両組織と全官公により1962年4月に結成されたのが同盟会議(全日本労働総同盟組合会議)である。同盟会議はいわば統一のための連絡調整機関であり,全国中央組織としての同盟をつくるための準備段階であった。…

※「同盟会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

同盟会議の関連キーワードシュマルカルデン条項平田文右衛門(1)ペロポネソス同盟清水 市太郎田口 長治郎デロス[島]清水 徳太郎西村 丹治郎岡田 喜久治中西 六三郎安藤 新太郎岡田 伊太郎佐竹 庄七窪井 義道鴨田 宗一湯浅 凡平篠原 陸朗川野 芳満綱島 正興本田 義成

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同盟会議の関連情報