コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名書き ナガキ

デジタル大辞泉の解説

な‐がき【名書き】

名を書くこと。また、その名。署名
「起請を書かせ、指しぼらせて―の下を染めさせけるに」〈浮・一代男・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

名書きの関連キーワードひらかな盛衰記郵便番号制度御湯殿上日記ルネサンス新撰万葉集六代勝事記浚う・渫う当てられるパラダイム伊呂波仮名讃岐・讚岐御負けに賢し立つ仮名草子真名書き日記文学土佐日記相沢春洋女房奉書黒井繁乃

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名書きの関連情報