吹き溜まり(読み)フキダマリ

デジタル大辞泉の解説

ふき‐だまり【吹き×溜まり】

雪や落ち葉などが風に吹き寄せられてたまっている場所。
行き場のない人たちが、自然と寄り集まる所。「社会の吹き溜まり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふきだまり【吹き溜まり】

風に吹き寄せられた雪や落ち葉などが集まり溜まっている所。
転じて、落ちぶれた人や社会から脱落した人々が行き場もないまま寄り集まる所。 「社会の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吹き溜まりの関連情報