吹き溜まり(読み)フキダマリ

デジタル大辞泉の解説

ふき‐だまり【吹き×溜まり】

雪や落ち葉などが風に吹き寄せられてたまっている場所。
行き場のない人たちが、自然と寄り集まる所。「社会の吹き溜まり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふきだまり【吹き溜まり】

風に吹き寄せられた雪や落ち葉などが集まり溜まっている所。
転じて、落ちぶれた人や社会から脱落した人々が行き場もないまま寄り集まる所。 「社会の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吹き溜まりの関連情報