コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商品取引所法 ショウヒントリヒキジョホウ

デジタル大辞泉の解説

しょうひんとりひきじょ‐ほう〔シヤウヒンとりひきジヨハフ〕【商品取引所法】

商品先物取引法」の旧称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の商品取引所法の言及

【商品取引所】より

…適正価格の形成と並んでこの保険機能が商品取引所の二大機能とされている。
[原型としての近世大坂の米取引]
 日本には現在,商品取引所法に基づいて開設された商品取引所があるが(表参照),その原型は江戸時代にさかのぼることができる。江戸初期,各藩は農民から取り立てた米を当時の商業の中心地大坂に運び込んで蔵屋敷と呼ばれる領内物品の貯蔵,販売のための出張所に蓄え,これを商人に売って藩の費用に充てていた。…

※「商品取引所法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

商品取引所法の関連キーワード金融商品取引法商品先物市場三品取引所商品取引所生糸取引所会員信認金商品取引員綿花取引所砂糖取引所上場商品取引所税相場操縦先物取引馴合売買取引所呑行為仲買

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android