コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喀什噶爾 カシュガル

大辞林 第三版の解説

カシュガル【喀什噶爾】

中国、新疆しんきようウイグル自治区のタリム盆地西端のオアシス都市。古来、東西交通の要衝で、漢代以来疎勒そろくと呼ばれ、一六、七世紀にカシュガル汗国のあった地。 〔「喀什噶爾」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

喀什噶爾の関連キーワードターシュクルガーン(塔什庫爾干)タジク(塔吉克)自治県シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区キルギス(柯爾克孜)自治州アルトゥシュ(阿図什)市ヤールカンド(葉爾羌)県ヤールカンド(葉爾羌)川タリム(塔里木)盆地コルラ(庫爾勒)市タリム(塔里木)川イリ(伊犂)条約アクス(阿克蘇)クンジェラーブ峠マラルウェシ県カラコルム山脈カルギリク県パミール高原クングールミンタカ峠参賛大臣バイ県

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android