要地(読み)ようち

精選版 日本国語大辞典「要地」の解説

よう‐ち エウ‥【要地】

〘名〙
① 重地点。大切な域。
※采覧異言(1713)三「請置榷場於要地
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「抑品川は江府の咽喉にして夫に連なる山岳は最大の要地(エウチ)なるを」 〔後漢書‐荀彧伝〕
② 重要な地位。執政の地位。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「帰朝の後直ちに官途に出で、数年ならず或る省の要地(エウチ)に立ち」 〔新唐書‐房玄齢伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android