要地(読み)ヨウチ

デジタル大辞泉 「要地」の意味・読み・例文・類語

よう‐ち〔エウ‐〕【要地】

重要な地点。大切な地域。「防衛上の要地
[類語]要衝要所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「要地」の意味・読み・例文・類語

よう‐ちエウ‥【要地】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 重要な地点。大切な地域。
    1. [初出の実例]「請置榷場於要地」(出典:采覧異言(1713)三)
    2. 「抑品川は江府の咽喉にして夫に連なる山岳は最大の要地(エウチ)なるを」(出典:近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初)
    3. [その他の文献]〔後漢書‐荀彧伝〕
  3. 重要な地位。執政の地位。
    1. [初出の実例]「帰朝の後直ちに官途に出で、数年ならず或る省の要地(エウチ)に立ち」(出典:花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中)
    2. [その他の文献]〔新唐書‐房玄齢伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「要地」の読み・字形・画数・意味

【要地】ようち

重要な地。

字通「要」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android