コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善女竜王 ぜんにょりゅうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善女竜王 ぜんにょりゅうおう

仏教の守護神
平安時代前期,空海旱魃(かんばつ)に際し京都神泉苑(しんせんえん)で雨ごいの法をおこなったときにあらわれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の善女竜王の言及

【定智】より

…1132年(長承1)落成の高野山大伝法院の壁画制作に当たった。45年(久安1)の《善女竜王像》(金剛峯寺)が現存し,年代と作者の確定できる平安時代唯一の作例である。〈善女竜王〉とは弘法大師空海が824年(天長1)神泉苑に雨を祈ったとき,愛宕山上に出現した竜王であると言い伝えられている。…

※「善女竜王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

善女竜王の関連キーワード高野山(寺院)三輪神道金剛峯寺長弓寺定智

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善女竜王の関連情報