旱魃(読み)かんばち

精選版 日本国語大辞典 「旱魃」の意味・読み・例文・類語

かん‐ばち【旱魃】

※玉塵抄(1563)三七「さうして呉が大かんばちすること三年ぞ」
高野山文書‐(年未詳)(鎌倉)一二月二日・安楽河公文代言上状「当年かんはちにより候て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「旱魃」の意味・読み・例文・類語

かん‐ばつ【××魃/干×魃】

《「魃」は、ひでりの神》ひでり。特に、農作物に必要な雨が長い間降らないこと。 夏》
[類語]日照り渇水災害災難災い被害禍害惨害惨禍災禍被災天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍試練危難国難水難水禍海難受難遭難罹災貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「旱魃」の読み・字形・画数・意味

【旱魃】かんばつ

ひでり。魃はその悪神。〔詩、大雅雲漢〕旱魃、を爲し (や)くが如く焚くが如し

字通「旱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android