嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らず(読み)カコウアリトイエドモクラワズンバソノウマキヲシラズ

デジタル大辞泉の解説

嘉肴(かこう)ありと雖(いえど)も食(く)らわずんばその旨(うま)きを知(し)らず

《「礼記」学記から》
聖人の教えも、学ばなければ、そのよさがわからない。
大人物も、用いてみなければ、その能力を知ることができない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かこうありといえどもくらわずんばそのうまきをしらず【嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らず】

〔礼記 学記
聖人の立派な道も、学ばなければそのよさを知ることができない。
大人物も用いなければその器量を知ることができない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android