コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四半敷(き) シハンジキ

デジタル大辞泉の解説

しはん‐じき【四半敷(き)】

石敷き・瓦敷きで、目地(めじ)が縁に対して45度になるように斜めに敷いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の四半敷(き)の言及

【社寺建築構造】より

…土間はたたきとするか,切石や瓦(塼(せん))を敷く。壁の線に45度の角度で切石や瓦を敷いたものを四半敷(しはんじき)という。板張り床を設けた寺院建築は奈良時代からあるが,広く用いられたのは平安時代以後で,最初は束を用いないころばし根太の低いものであったが,平安後期からは,住宅建築と同じく高い板張り床を設けるようになった。…

※「四半敷(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone