コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目地(読み)めじ(英語表記)masonry joint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目地
めじ
masonry joint

建築用語。普通,石や煉瓦の継ぎ目をいうが,木材,金属板などの接合部にも使われる。材の積み方によって,継ぎ目が縦横に直線になる芋目地,継ぎ目の縦線が2段以上直線にならない破れ目地に大別され,さらに継ぎ目の状態によって,外観上継ぎ目を見えなくした眠り目地,継ぎ目を装飾的に処理した化粧目地には,出目地,平目地,入込み目地などの種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

目地【めじ】

石や煉瓦等の継目(つぎめ)。またタイル,合板,金属板の接合部をもいう。水平に通った目地を横目地,垂直の目地を縦目地といい,縦目地が2層以上連続したものを芋(いも)目地,連続していないものを破れ目地と呼ぶ。
→関連項目耐火モルタル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

目地

建築物や土木構造物において、少し間隔を空けた部材間の隙間・継ぎ目の部分の事。特に、組積みする石・煉瓦・コンクリートブロックの継ぎ目、あるいは仕上に貼るタイルの継ぎ目の事を指す。石・煉瓦・タイルなどの外壁の場合、モルタルを目地とする事が一般的だが、経年変形を吸収するためにシーリングと呼ばれる弾力性のある合成樹脂を充填する事が多くなっている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めじ【目地 joint】

石造,煉瓦造コンクリートブロック造などの組積(くみづみ)工事の壁や床,タイル張りなどの張付け工事の壁や床において,個々の材料の間にできる継目(つぎめ)をいう。また,モルタル塗りの壁や床で,亀裂を防ぐためにつける溝や金属板をはめ込んだ筋目も目地と呼ぶ。垂直の目地を縦目地,水平の目地を横目地というが,組積工事では,縦目地が2層以上連続したものを芋(いも)目地と呼び,構造を脆弱にするものとして絶対に避けるようにしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めじ【目地】

石・煉瓦れんがなどの組み積み材、タイルなどの貼り付け材の継ぎ目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の目地の言及

【石積み】より

…石材の大小に応じ,厚い層や薄い層ができても,いずれも水平に積む。石材の継目を目地(めじ)といい,水平方向の目地は一直線に通ってもよいが,垂直方向の目地が2段以上つながったものは芋(いも)目地と呼ばれ,石積みでは絶対に避けるべきこととされている。これは,石材を一体化して,壁を強固にし,弱点をつくらないためである。…

※「目地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目地の関連情報