国連人間居住計画(読み)こくれんにんげんきょじゅうけいかく(英語表記)United Nations Human Settlement Programme

知恵蔵の解説

国連人間居住計画

1976年にバンクーバー(カナダ)で開かれた国連人間居住会議の結果、翌77年に国連経済社会理事会(ECOSOC)のもとに国連人間居住委員会(UNCHS、58カ国で構成)が設立され、その事務局の役割を果たすべく、77年の国連総会決議で78年に国連人間居住センター(HABITAT)が設立された。その後、2001年の国連総会で地位、機能の強化を決議。UNCHS及びHABITATを改組し、02年1月にUN‐HABITATとなった。事務局はケニアのナイロビ。事務局長のもと、地域技術協力局など3つの局を持つ。すべての人間のための住居の確保、都市部における行政の向上、都市部における貧困の緩和、居住環境の改善、天然災害の緩和、紛争後の復興などを目的とする。96年にイスタンブールで開かれた第2回国連人間居住会議(HABITATII)で採択された、ハビタット・アジェンダ及びイスタンブール宣言が活動の基本にすえられている。

(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国連人間居住計画の関連情報