コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国道2号線 こくどうにごうせん

防府市歴史用語集の解説

国道2号線

 防府市域は、富海から台道までになります。 明治に入ると、山陽道は江戸時代の山陽道よりも、全体的に南側に変更されました。 山陽道は国道4号線に編入されていましたが、1919年(大正8年)の旧道路法によって、国道2号線と認定されました。現在では、富海から佐野にかけて、以前の道の北側にバイパスが作られ、新たに国道2号線となりました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

国道2号線の関連キーワードメヒカリ(メキシコ)笠岡ベイファーム山陽小野田[市]ワーラーナシーみはら神明の里たつの[市]揖保川[町]山陽自動車道第二神明道路瀬戸内[市]鴨方[町]海田[町]府中[町]須磨[区]本郷[町]倉敷[市]里庄[町]浅口[市]太子[町]熊毛[町]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国道2号線の関連情報