コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野 さの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐野
さの

兵庫県淡路島,淡路市東部の集落。旧町名。 1955年5町村との合体により津名町となり,2005年4町との合体で淡路市となった。生穂とともに淡路島の花卉栽培の中心地の一つ。阪神の大市場に近いことと,背後の津名丘陵に冬の北西風がさえぎられて温暖なため,カーネーションヒヤシンスのほかミカン栽培も行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さの【佐野】[地名]

栃木県南西部の市。中世は佐野氏の城下町、江戸時代は日光街道宿場町。古くから佐野縮(ちぢみ)の産地。中部に出流原(いずるはら)弁天池の湧水がある。人口12.1万(2010)。
群馬県高崎市南東部の古地名。謡曲「鉢木(はちのき)」の佐野源左衛門尉常世の邸跡と伝えられる常世神社がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さの【佐野】

大阪府泉佐野市南西部の旧名。和泉国日根郡に属し,平安時代末期に佐野荘が立荘され,近世には佐野村となった。海浜の佐野松原は,平安時代以来の歌枕として聞こえ,船がかりの港もあった。内陸部は堺から紀州へ通ずる熊野街道沿いの要地で,市場として開け,熊野九十九王子の一つ佐野王子の存在も知られる。室町時代中期にはすでに定期市が立てられ,定住者も増加して近在の大郷として発展した。戦国・安土桃山時代には紀州根来衆の勢力圏で,石山・根来合戦では戦火で疲弊したが,のち豊臣氏の直轄地となり,文禄・慶長の役には佐野漁民の有する船舶と技術が,水軍として大いに利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さの【佐野】

栃木県南部の市。もと佐野氏の城下町、日光例幣使街道の宿場町として発展。古くから佐野縮ちぢみの産地として知られ、縫製業が盛ん。近年、金属・機械工業が立地。
群馬県高崎市の南東部の地名。謡曲「鉢木はちのき」の舞台で、その主人公佐野源左衛門の邸跡と伝える常世神社がある。 → 佐野の船橋ふなはし
和歌山県新宮市南端の地名。「佐野の渡わたり」(歌枕)で有名。狭野。 「駒とめて袖打ちはらふかげもなし-の渡りの雪の夕暮/新古今

さの【佐野】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

佐野の関連キーワード栃木県佐野市犬伏上町栃木県佐野市犬伏下町栃木県佐野市犬伏新町栃木県佐野市伊勢山町栃木県佐野市富士見町栃木県佐野市嘉多山町栃木県佐野市船津川町栃木県佐野市犬伏中町栃木県佐野市伊保内町栃木県佐野市金屋下町栃木県佐野市大古屋町栃木県佐野市田之入町栃木県佐野市庚申塚町栃木県佐野市戸奈良町栃木県佐野市寺久保町栃木県佐野市奈良渕町栃木県佐野市下彦間町栃木県佐野市新吉水町栃木県佐野市北茂呂町栃木県佐野市下羽田町

佐野の関連情報