コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土御門通具 つちみかど みちとも

2件 の用語解説(土御門通具の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土御門通具 つちみかど-みちとも

源通具(みなもとの-みちとも)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土御門通具

没年:安貞1.9.2(1227.10.13)
生年:承安1(1171)
鎌倉前期の公卿。村上源氏土御門(久我)内大臣通親の次男。母は平教盛(一説に通盛)の娘で,高倉院の女房尾張。青年期は父通親の権勢の時代で順調に昇進,正治2(1200)年に左近衛中将,蔵人頭となり,翌年参議となる。のちに右衛門督,検非違使別当を経て,大納言・正二位に至った。父通親と共に新古今歌壇で果たした役割は大きく,建久9(1198)年に和歌所の寄人となり,『新古今和歌集』の筆頭の選者となる。藤原俊成の娘(孫とも)を妻とするも,のちに離別。藤原定家は『明月記』の中で辛い人物評を記すが,当時「文道の故人風月の本主」とも称された歌人だった。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土御門通具の関連キーワード土御門泰福源氏村上源氏土御門土御門内裏久我具房久我通光土御門定実土御門資家土御門家(村上源氏)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone