コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在家仏教 ざいけぶっきょう

大辞林 第三版の解説

ざいけぶっきょう【在家仏教】

出家して僧になることなく、俗人の立場で信仰する仏教。また、俗人の信仰の意義を評価する仏教。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の在家仏教の言及

【居士仏教】より

… 紀元前後に成立した大乗仏教は,諸部派の出家者も参加したであろうが,主として在家者が中心であり,その教義も従来の部派仏教の出家中心主義と異なり,在家を中心としたものといえる。この時代にいたると,居士仏教は在家仏教とほぼ同じ意とみなされるがそれでもやはり,居士は知識のある指導者的在家の意味あいが深い。大乗経典の中で居士として有名な人物は《維摩経》の主人公の維摩であり,釈尊の直弟子の著名な出家者たちが,在家の維摩居士により空の立場から痛烈な批判を浴びるという内容である。…

※「在家仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

在家仏教の関連キーワード加藤 弁三郎田中 智学本門仏立講勝鬘経義疏加藤弁三郎本門仏立宗友松 円諦獅子てんや山家学生式立正佼成会田中智学創価学会長松日扇久保継成河口慧海孝道教団欧陽竟无妙智会霊友会野間宏