コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居士仏教 こじぶっきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

居士仏教
こじぶっきょう

在家の仏教信者たちの間で行われる仏教。スリランカビルマ (現ミャンマー) など保守的,伝統的仏教国においては出家者による教団が力をもったのに対し,インド,中国,日本などの大乗仏教圏では,居士仏教が重要な役割を果した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こじ‐ぶっきょう〔‐ブツケウ〕【居士仏教】

出家しないで、在家生活をしながら修行する人たちの間で行われる仏教。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こじぶっきょう【居士仏教】


[インド]
 インド仏教における居士の原語はグリハパティgṛhapatiで,その原意は富裕な資産家を意味する。初期仏教の時代,マガダ国を中心に鉄の使用が盛んになり農耕器具の発達により豊かな農産物が各地へ売買されるにいたり,富裕な商工業者の資産家が出現した。彼らは四姓(カースト)の中ではバイシャ(庶民階級)に属し,初期仏教は主として彼らの精神的支柱として熱心に信仰されるにいたった。つまり初期仏教では居士とは,熱心に信仰し修行する在家の富裕な資産家を意味した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こじぶっきょう【居士仏教】

寺院で生活する僧侶の仏教に対して、在俗の信徒の仏教。インドの維摩経ゆいまぎようは、その意義を説く代表的な経典。中国では多くの文人が在家の信徒であったし、白蓮社びやくれんしやもその一。日本では伝来以来、在家の仏教が重視され、明治以降は仏教復興の運動として主張された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

居士仏教の関連キーワード大内青巒原意在俗信徒維摩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android