コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居士仏教 こじぶっきょう

4件 の用語解説(居士仏教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

居士仏教
こじぶっきょう

在家の仏教信者たちの間で行われる仏教。スリランカビルマ (現ミャンマー) など保守的,伝統的仏教国においては出家者による教団が力をもったのに対し,インド,中国,日本などの大乗仏教圏では,居士仏教が重要な役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こじ‐ぶっきょう〔‐ブツケウ〕【居士仏教】

出家しないで、在家生活をしながら修行する人たちの間で行われる仏教。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こじぶっきょう【居士仏教】


[インド]
 インド仏教における居士の原語はグリハパティgṛhapatiで,その原意は富裕な資産家を意味する。初期仏教の時代,マガダ国を中心に鉄の使用が盛んになり農耕器具の発達により豊かな農産物が各地へ売買されるにいたり,富裕な商工業者の資産家が出現した。彼らは四姓(カースト)の中ではバイシャ(庶民階級)に属し,初期仏教主として彼らの精神的支柱として熱心に信仰されるにいたった。つまり初期仏教では居士とは,熱心に信仰し修行する在家の富裕な資産家を意味した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こじぶっきょう【居士仏教】

寺院で生活する僧侶の仏教に対して、在俗の信徒の仏教。インドの維摩経ゆいまぎようは、その意義を説く代表的な経典。中国では多くの文人が在家の信徒であったし、白蓮社びやくれんしやもその一。日本では伝来以来、在家の仏教が重視され、明治以降は仏教復興の運動として主張された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

居士仏教の関連キーワードインド哲学インド綿因明インドゴムの木ウインド外道インド黄東インドインド仏教《インド・ヨーロッパ諸語における母音の原初体系に関する覚書》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone