コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋蔵電力 マイゾウデンリョク

デジタル大辞泉の解説

まいぞう‐でんりょく〔マイザウ‐〕【埋蔵電力】

一般電気事業者電力会社)以外の企業などが所有する発電施設の余剰電力。自家発電設備の最大発電量から設置者が自家消費する電力を除いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

埋蔵電力

資源エネルギー庁によると、届け出義務のある1千キロワット以上の自家発電設備は全国で3141カ所あり、合計容量は5373万キロワット(3月末)。7月の調査で128万キロワットが売電可能と推計され、売電済みが324万キロワットあった。

(2011-09-08 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

埋蔵電力の関連キーワード資源エネルギー庁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android