自家(読み)じか

精選版 日本国語大辞典「自家」の解説

じ‐か【自家】

〘名〙 自分の自宅。転じて、自分。自分自身。おのれ。じけ。
※授業編(1783)一「草書は自家(シカ)の詩文を人へ贈るには不敬なり」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「自家の相続」 〔十八史略‐宋哲宗皇帝〕

じ‐け【自家】

〘名〙 =じか(自家)
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「いはんやこの単伝の正法には、入法出身、おなじく自家の財珍を受用するなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android