堪る(読み)タマル

デジタル大辞泉の解説

たま・る【堪る】

[動ラ五(四)]《「溜まる」と同語源》こらえる。がまんする。保ちつづける。下に打消しの語を伴って用いることが多い。「こう暑くては―・らぬ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまる【堪る】

( 動五[四] )
〔「溜まる」と同源〕
多く打ち消しの語や反語の言い方を伴って用いる。
保ちつづける。持ちこたえる。 「毎日歩きづめではどんな靴でも-・らない」 → たまらない(連語)
こらえる。がまんできる。 「この暑さは-・ったものではない」 「負けて-・るか」 → たまらない(連語)
雨や風がそこでさえぎられる。とまる。 「すだれ絶え、閨ねやあらはれて、雨風-・るやうもなし/平家 灌頂
ある状態で一旦停止する。 「しばらく弓-・つて(=引キシボッテ)…伊藤六が真中に押当てて放ちたり/保元 」 「投げ上げたれば一たまりも-・らずころころと転び落ち/義経記 3
[慣用] 矢も盾もたまらない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堪るの関連情報