墨は餓鬼に磨らせ筆は鬼に持たせよ(読み)スミハガキニスラセフデハオニニモタセヨ

精選版 日本国語大辞典の解説

すみ【墨】 は 餓鬼(がき)に磨(す)らせ筆(ふで)は鬼(おに)に持(も)たせよ

をする時にはなるべくやわらかくし、筆を使う時には力をこめて勢いよく書くのがよいというたとえ。墨を磨るは病児の如くし、筆を把るは壮士の如くす。〔本朝俚諺(1715)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android