コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨斎 ぼくさい

朝日日本歴史人物事典の解説

墨斎

没年:明応1.5.16(1492.6.10)
生年:生年不詳
室町後期の禅僧,没倫紹等の画号。月婿,拾堕など多くの別号を持つ。一休宗純法嗣酬恩庵住持となり,一休没後は大徳寺塔頭真珠庵の塔主となる。しばしば一休墨跡の代筆をし,水墨画を描いた。日本の肖像画中屈指の名作「一休和尚像」(東京国立博物館蔵)の賛は,墨斎が一休の自賛を写したもので,従来,画も墨斎が描いたものとされてきたが,墨斎よりも年代の遡る墨渓の手になるとする説が有力。墨斎の画技は墨渓とは異なり,あくまでも余技的な域にとどまる。作品に自賛の「山水図」(真珠庵蔵),「葡萄図」「瓜図」「蟻図」(いずれも個人蔵)などがある。

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

墨斎の関連キーワード馮夢龍(ふうぼうりゅう)大原左金吾伊達道作三上仙年大原呑響鈴木鳴門溝口暁谷正木竜珉没年笑府

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android