コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨斎 ぼくさい

2件 の用語解説(墨斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

墨斎

没年:明応1.5.16(1492.6.10)
生年:生年不詳
室町後期の禅僧,没倫紹等の画号。月婿,拾堕など多くの別号を持つ。一休宗純の法嗣で酬恩庵の住持となり,一休没後は大徳寺塔頭真珠庵の塔主となる。しばしば一休墨跡の代筆をし,水墨画を描いた。日本の肖像画中屈指の名作「一休和尚像」(東京国立博物館蔵)の賛は,墨斎が一休の自賛を写したもので,従来,画も墨斎が描いたものとされてきたが,墨斎よりも年代の遡る墨渓の手になるとする説が有力。墨斎の画技は墨渓とは異なり,あくまでも余技的な域にとどまる。作品に自賛の「山水図」(真珠庵蔵),「葡萄図」「瓜図」「蟻図」(いずれも個人蔵)などがある。

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墨斎の関連キーワード没倫紹等秋月僧萬庵長富等逸楊門墨齋紹等万里虎関雲谿等室雪舫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone