没倫紹等(読み)もつりん じょうとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

没倫紹等 もつりん-じょうとう

?-1492 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。一休宗純の法をついで京都酬恩庵の住持となり,のち大徳寺内に真珠庵をひらいた。肖像画として有名な「一休宗純像」(東京国立博物館蔵)の作者とみられ,水墨の「山水図」(真珠庵蔵)などの作品がある。延徳4年5月16日死去。別号に墨斎,拾堕など。

没倫紹等 ぼつりん-じょうとう

もつりん-じょうとう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

没倫紹等の関連情報