コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

没倫紹等 もつりん じょうとう

美術人名辞典の解説

没倫紹等

室町後期の臨済宗の僧。真珠・酬恩両庵一世。号は墨斎・月婿・拾堕・禿樵・墨隠漁・白樵・青松江等。明応元年(1492)寂。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

没倫紹等 もつりん-じょうとう

?-1492 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。一休宗純の法をついで京都酬恩庵の住持となり,のち大徳寺内に真珠庵をひらいた。肖像画として有名な「一休宗純像」(東京国立博物館蔵)の作者とみられ,水墨の「山水図」(真珠庵蔵)などの作品がある。延徳4年5月16日死去。別号に墨斎,拾堕など。

没倫紹等 ぼつりん-じょうとう

もつりん-じょうとう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android