コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

没倫紹等 もつりん じょうとう

3件 の用語解説(没倫紹等の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

没倫紹等

室町後期の臨済宗の僧。真珠・酬恩両庵一世。号は墨斎・月婿・拾堕・禿樵・墨隠漁・白樵・青松江等。明応元年(1492)寂。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

没倫紹等 もつりん-じょうとう

?-1492 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。一休宗純の法をついで京都酬恩庵の住持となり,のち大徳寺内に真珠庵をひらいた。肖像画として有名な「一休宗純像」(東京国立博物館蔵)の作者とみられ,水墨の「山水図」(真珠庵蔵)などの作品がある。延徳4年5月16日死去。別号に墨斎,拾堕など。

没倫紹等 ぼつりん-じょうとう

もつりん-じょうとう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

没倫紹等の関連キーワード鉄牛惟三宗叔一華心林岐翁紹禎大弁正訥天釈禅弥徳祥正麟無言昌謹藍田素瑛子才清鄴

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone