壬申地券(読み)じんしんちけん

世界大百科事典内の壬申地券の言及

【地券】より

…この地券制度は,1871年(明治4)12月東京府下市街地への地券発行を先駆とし,翌72年2月地所永代売買解禁にともなう売買譲渡の土地への地券発行に始まり,同年7月一般私有地へ拡大された。72年の干支により壬申(じんしん)地券とよばれるこの地券は,土地所有権=納税義務を表示するものであり,所有者,所在,地目,反別,石高,代価が記載された。この壬申地券の発行期限は同年10月中とされていたが,種々の障害のために遅延するなかで,73年6月の地租改正法の公布となった。…

【地租改正】より

…その動きの基本線は藩体制の解体を前提にし,領主的土地所有を否定して私的土地所有権の確認に基づく租税改革を目ざすものであった(すなわち,地所永代売買解禁→私的土地所有権の確認→地券交付→租税賦課により旧貢租(現物形態)を地租(貨幣形態)として集中統一すること)。この基本線に基づき,71年9月田畑勝手作許可,12月東京府下市街地への地券交付・地租賦課,72年2月地所永代売買解禁,売買譲渡の土地への地券交付,7月一般私有地への地券交付の拡大(いわゆる壬申地券交付)といった一連の措置が,あいついで実施された。これらの措置は,やがてきたるべき地租改正への布石をなすものであった。…

※「壬申地券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android