コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜半の寝覚 ヨワノネザメ

デジタル大辞泉の解説

よわのねざめ〔よはのねざめ〕【夜半の寝覚】

夜の寝覚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

夜半の寝覚【よわのねざめ】

平安後期の長編物語。作者は菅原孝標女(たかすえのむすめ)と伝えるが確かでない。成立年次も不明。欠巻が多いが,源氏の大臣の姫君である寝覚の女君の悲恋を克明な心理描写を駆使して描いた異色作で,《源氏物語》宇治十帖の影響が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よわのねざめ【夜半の寝覚】

平安後期の物語。現存本の題名は《寝覚》または《夜の寝覚》。作者は菅原孝標女(たかすえのむすめ)と伝えるが,確かでない。現存本は5巻または3巻に分かつが,中間および巻尾(続編)に欠巻がある。ほかに鎌倉期に続編を切り捨て改作縮小したとおもわれる中村本5巻(旧蔵者中村秋香)があり,中間の欠巻部分の筋立ての大体は補われる。源氏の太政大臣の中君が関白左大臣の息の中納言と相思の関係にあって2児を生みながら,外的ないろいろな事情に妨げられ,〈夜の寝覚絶ゆるよなく〉て数奇の生涯を送るという物語。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よわのねざめ【夜半の寝覚】

「夜の寝覚」の別名。「更級日記」の奥書にみえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜半の寝覚
よわのねざめ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

夜半の寝覚の関連キーワード更級日記無名草子狭衣物語ぬたうつ橋本 佳奥書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜半の寝覚の関連情報