大の虫を生かして小の虫を殺す(読み)だいのむしをいかしてしょうのむしをころす

精選版 日本国語大辞典の解説

だい【大】 の 虫(むし)を生(い)かして小(しょう)の虫(むし)を殺(ころ)

どうしてもやむをえない時には、きなものを救うために、さなものを犠牲にするということのたとえ。小の虫を殺して大の虫を助ける。大を生(い)けて小を殺せ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

大の虫を生かして小の虫を殺す

どうしてもやむをえない時には、重要なものを生かすために、小さなものを犠牲にすることのたとえ。

〔異形〕小のを殺して大の虫を助ける

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいむしかしてしょうむしころ

やむをえない場合は、大きなものを救うために小さなものを犠牲にするたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android