コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大プリニウス ダイプリニウス

世界大百科事典内の大プリニウスの言及

【プリニウス[大]】より

…古代ローマの博物誌家。イタリアのコモに生まれ,かなり若くしてローマに出て,文学,法律,雄弁術を学び,軍人としての訓練も身につけた。ネロ帝(在位54‐68)の治世初期まで,およそ23歳から10年あまり騎兵大隊に所属し,ドイツに駐留した。帰国後は10年間おもに文人として活躍したが,次の皇帝ウェスパシアヌスの信任があつかった彼は,スペインやアフリカ北部に財務官として赴任し,博物誌的な見聞も広めた。晩年はナポリ湾ミセヌム基地の海軍提督になったが,おりから79年のウェスウィウス(ベスビオ)火山の大噴火に際し,人命救助と知的な探索意欲から現場に急行したが,ポンペイの近くで噴煙に巻かれ最期を遂げた。…

※「大プリニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大プリニウスの関連キーワードプリニウス(Gaius Plinius Caecilius Secundus)プリニウス(Gaius Plinius Secundus)プリニウス(小)パーンディヤ朝コルチェスターマウソレウムグロノビウスベスビオ火山カナリア諸島エッセネ派ゼウクシスバジリスクシルミウムコモ大聖堂ペリドットアペレス閃長岩進化論自画像博物誌