コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大航海 だいこうかい

デジタル大辞泉の解説

だいこうかい〔ダイカウカイ〕【大航海】

伴野朗による長編の冒険歴史小説。昭和59年(1984)、上下2巻で刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大航海の言及

【ルネサンス】より

…ペスト,不作,人口激減,階級・階層対立の激化,内乱などの悪条件はようやく15世紀中葉ころに終りを告げ,生産力の回復から,〈繁栄の16世紀〉へと展開しつつあった。新航路の発見(大航海時代)といった条件も加わって,ヨーロッパは経済的な成長と政治的な統合へと向かっていった。ルネサンスはこうした社会的好状況に支えられて,精神的生産力を倍加させたものである。…

※「大航海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大航海の関連キーワードピント(Fernão Mendes Pinto)リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔宮城県慶長使節船ミュージアムパロス・デ・ラ・フロンテラポストコロニアリズムニューワールドワイン新世界(世界史用語)ジェロニモス修道院ヨウン スベンソンビアナドカステロ近代世界システムウスルジーアダス大西洋奴隷貿易ファラサン諸島コロンブスの家エキゾチシズムブリンディジ地理上の発見メキシコ料理トマトレッド

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大航海の関連情報