コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鼓・小鼓 おおつづみ・こつづみ

日本文化いろは事典の解説

大鼓・小鼓

胴が砂時計型にくびれている締太鼓〔しめだいこ〕の事。太の大きさ・演奏方法によって大鼓小鼓に分けられます。 革を手で叩いて発生する独特の深い響きが特徴的です。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大鼓・小鼓の関連キーワード鳴り物・鳴物打ち盤・打盤物着の合方片しゃぎり真の一声下がり破虫の合方真の次第修羅囃子五人囃子突っ掛け大小入り能の用語天王立ち騒ぎ歌六拍子能楽師舞働き序の舞立回り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android