コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鼓 こつづみ

11件 の用語解説(小鼓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小鼓
こつづみ

日本の紐締式膜鳴楽器。良質の桜材でつくった長さ 25~26cmの砂時計型の胴の両端に,直径約 20cmの鉄の輪に馬皮を糸で縫いつけた膜を当て,これを縦調べと呼ばれる麻紐で締めつけ,さらに横調べを巻き,これを操作することによって皮面に加わる張力を加減する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐つづみ【小鼓】

打楽器の一。鼓の小型のもの。能や長唄の囃子(はやし)などに用いる。右肩にのせ、左手で調べ緒を持って右手で打つ。小胴(こどう)。

しょう‐こ〔セウ‐〕【小鼓】

小さなつづみ。こつづみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小鼓【こつづみ】

日本の伝統的な打楽器。皮面の直径20cmぐらい,胴長25cm前後の小型の。能楽や長唄の囃子(はやし),下座(げざ)音楽,民俗芸能などに大鼓(おおつづみ)とともに使用される。
→関連項目四拍子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

音楽用語ダスの解説

小鼓

能楽や歌舞伎囃子、民俗芸能で用いられる。後述の大鼓とペアで使われる。身近なところでは、雛人形五人囃子の1人が右肩に乗せている楽器。胴が砂時計のようにくびれており、“調緒”というひもで締め合わされている。右手で打って奏するが、打つ位置を変えたり、左手で調緒の張力を調整したりして音高・音色を変化させる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽事典の解説

小鼓

単に「鼓」と言う場合もあります。
音は基本的に甲高い甲(かん)と、低く柔らかい音の乙(おつ)があります。それぞれに小さな音と大きな音とがあり、打ち方により「チ・タ・プ・ポ」という四つの音が出ます。
演奏には、革に息をかけて湿度を調整したり、裏革に小さな和紙をぬらして貼り、音の微調整をします。

出典|社団法人能楽協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こつづみ【小鼓】

兵庫の日本酒。酒名は、大正3年(1914)当時の当主が高浜虚子の弟子であったことから虚子が命名したもの。大吟醸酒「天楽」「錦上錦」、純米大吟醸酒「路上有花(ろじょうはなあり)」「風楽」「極朗讃」のほか、純米吟醸酒、特別純米酒などがある。平成2、10、12、17、18、24年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石、北錦、強力。仕込み水竹田川の伏流水。蔵元の「西山酒造場」は嘉永2年(1849)創業。所在地は丹波市市島町中竹田。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こつづみ【小鼓】

日本の打楽器。能,狂言や歌舞伎囃子では大鼓と対で用いられる。馬皮を鉄輪に張った表革・裏革計2枚の6個の調べ穴に,調緒(しらべお)(麻紐)の縦調べを通して革を胴にあて,多少のゆとりを持たせて締める。つぎに縦調べとほぼ直角に横調べを巻いて結ぶ。革の縁から裏にかけて黒漆を塗り,補強と装飾をかねる。胴(筒とも書く)は桜材で,中央が細くくびれている。調べを左手で握って右肩にかつぎ,右手で表革を打ち,大鼓とは対照的に多様な音色を生み出す

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こつづみ【小鼓】

能楽や長唄・歌舞伎の囃子の打楽器。左手で緒を握り右肩へのせ右手で打つ。弟鼓おとつづみ。小胴こどう。 ↔ 大鼓おおつづみ

しょうこ【小鼓】

小さいつづみ。こつづみ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小鼓
こつづみ

日本の膜鳴楽器の一種で、能楽、長唄(ながうた)などの囃子(はやし)、各種民俗芸能で用いられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小鼓の言及

【太鼓】より

…まず膜の周囲を枠状のものに巻き付け,次にその枠を紐や革帯などで胴にかがり付けた後,胴と革帯の間に楔(くさび)の機能を果たす丸棒などを挟んで締めぐあいを調節する方法(タブラムリダンガ)や,金属の輪や紐などによって,紐や革帯をしぼって緊張度を加減する方法(インドネシアのクンダン,朝鮮の杖鼓(じようこ),日本および中国の羯鼓(かつこ))などを用いて音高を整えるほか,脇の下に太鼓を挟み,演奏中に腕で紐を押しつけて音高を変える方法(アフリカのルンガlunga)もある。しかし最も繊細であるのは日本の小鼓(こつづみ)に見られる,一打ちごとに行われる調緒(しらべお)の締め加減の微妙な調節であろう。膜を胴に直接膠着させたり,鋲(びよう)を打って取り付ける太鼓では,緊張度の調節は不可能であるため,音高や音色を調整することは基本的には不可能であるが,奏者が随時ひじやかかとあるいは手などで膜面を押しつけて緊張度を高め,音を高くする方法が用いられることがある。…

【鼓】より

…日本ではこの楽器が芸能の多くの種目に使われている。このうち小鼓(こつづみ)をとくに〈鼓〉と呼ぶことがある。〈鼓〉という語は古代インドの打楽器dudubhiまたはdundubhiから出たという説と,中国の都曇鼓(つどんこ)の音から出たという説がある。…

【能】より

…構造面では能本(のうほん)の詞章やその小段(しようだん)構成など,技法面では謡の美を息扱いとリズムの細かな変化に求めることなどがそれである。なお,囃子は,世阿弥のころすでに笛,鼓(つづみ),太鼓(たいこ)が用いられていたが,小鼓(こつづみ),大鼓(おおつづみ)の区別があった確証はなく,現在の囃子の楽型が確認できる資料は,江戸時代初頭のものまでしかさかのぼれない。狂言猿楽
【能本】
 能の脚本を古くは能本と呼んだ。…

【単皮鼓】より

…胴は硬い厚みのある木で鼓面は直径25cmくらいあるが,縁が幅広く,鼓心と呼ばれる中央にわずかに5~7cmの孔があり,鼓面には豚革,または牛革が張られている。板鼓,皮鼓,小鼓とも呼ばれる。鼓心のそばにもう一つ小さな孔のある種類もある。…

【堂鼓】より

…木製の胴の両面に牛革を張り,木架上に設置して,2本の木槌で上から打奏する。大小の別があり,形が大きく音高が低いものを大堂鼓,南堂鼓,大鼓とも称し,形が小さく音高が高いものを京堂鼓,戦鼓,小鼓とも言う。大鼓は,鼓面の面積が大きく,音量や音色の変化も豊富で,主に十番鼓(10種の楽器を使っての合奏),吹打等の鑼鼓(らこ)()を中心とする各地の民間器楽合奏で用いられる。…

※「小鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小鼓の関連キーワード高徳虎臥城男児忠勇名城神立戎面國冠島美人灘一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小鼓の関連情報