コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天涯比隣の若し テンガイヒリンノゴトシ

デジタル大辞泉の解説

天涯(てんがい)比隣(ひりん)の若(ごと)し

王勃「杜少府之任蜀州」から》遠い所にいても心は常に通っていて、隣に住んでいるのと同じように親しく思われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例