太秦形(読み)ウズマサガタ

大辞林 第三版の解説

うずまさがた【太秦形】

石灯籠の形の一。京都太秦の広隆寺にあるものを典拠とし、庭園で用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる