石灯籠(読み)いしどうろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「石灯籠」の解説

石灯籠
いしどうろう

石で造られた灯籠。構造は上から宝珠,火袋,中台竿,基礎の部分から成る。中国,朝鮮古代の形式が仏教とともに日本に伝わり,本来は社寺への献灯のために用いられ,正面中央に1基だけ立てた。当麻 (たいま) 寺金堂前に奈良時代前期の最古遺品がある。桃山時代以降,茶庭や一般庭園にも用いられた。社寺系の灯籠は八角型,六角型,四角型で規格があるが,庭系のものはこの規格からはずされ,種々の新型が考案された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「石灯籠」の解説

いし‐どうろう【石灯籠】

〘名〙 石造りの灯籠。笠石、火袋(ひぶくろ)、脚石、台石の各部から成る。多く、自然石を加工するが、そのまま利用したものもある。社寺の前にすえて灯火をともし、また庭園などに置いて飾りとする等、その用途によって種類がきわめて多い。いしどうろ。
※東寺百合文書‐ち・応永二九年(1422)六月二日・二十一口方評定引付「石燈籠油事」
※譬喩尽(1786)一「石燈籠(イシドウロウ)

いし‐どうろ【石灯籠】

〘名〙 「いしどうろう(石灯籠)」の変化した語。
※東寺百合文書‐ち・明徳五年(1394)六月二三日・二十一口方評定引付「可于石燈炉之夜燈高辻地之闕分
※浮世草子・好色一代男(1682)三「跡見かへる面影、石燈籠(イシドウロ)の光にうつりぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石灯籠の言及

【灯籠】より

…原形は,中国大陸から朝鮮半島を経て,仏教とともに伝来した。材質の違いから木灯籠,陶灯籠,金灯籠,石灯籠があり,形状の違いから台灯籠(置灯籠,立灯籠),釣灯籠がある。置灯籠(図1)を構成する基本的な部材は,下から基礎,竿,中台,火袋,笠,宝珠の6部材。…

※「石灯籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android