奈良県桜井市(読み)さくらい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕桜井〈市〉(さくらい〈し〉)


奈良県中北部の市。
奈良盆地の東南部に位置する。木材の大集散地として発展し、製材・木工業が発達。三輪そうめんの特産地。古代文化の中心地として、山田寺跡(国指定特別史跡)、国指定史跡の纏向(まきむく)古墳群の一つである箸墓(はしはか)古墳、舒明(じょめい)天皇陵、大神(おおみわ)神社、談山(たんざん)神社、長谷寺(はせでら)など史跡・寺社が多い。三輪山麓の山辺(やまのべ)の道は大和青垣国定公園の一部。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良県桜井市の関連情報