コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県桜井市 さくらい〈し〉

1件 の用語解説(奈良県桜井市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕桜井〈市〉(さくらい〈し〉)


奈良県中北部の市。
奈良盆地の東南部に位置する。木材の大集散地として発展し、製材・木工業が発達。三輪そうめんの特産地。古代文化の中心地として、山田寺跡(国指定特別史跡)、国指定史跡の纏向(まきむく)古墳群の一つである箸墓(はしはか)古墳、舒明(じょめい)天皇陵、大神(おおみわ)神社、談山(たんざん)神社、長谷寺(はせでら)など史跡・寺社が多い。三輪山麓の山辺(やまのべ)の道は大和青垣国定公園の一部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良県桜井市の関連キーワード奈良盆地大和川葛下川葛城川橿原[市]御所[市]桜井[市]奈良[市]大和高田[市]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良県桜井市の関連情報