コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県高市郡明日香村 あすか〈むら〉

1件 の用語解説(奈良県高市郡明日香村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕明日香〈村〉(あすか〈むら〉)


奈良県中部、奈良盆地南部の村。高市(たかいち)郡
694年(持統天皇8)の藤原京造営以前、天皇のおもな王宮がおかれた地。いずれも国指定の特別史跡である高松塚(たかまつづか)古墳・キトラ古墳・石舞台(いしぶたい)古墳をはじめ史跡や国宝級の文化財が多く、全域が明日香村保存特別措置法の対象となる。稲作と野菜栽培中心の兼業農家が多く、化学・プラスチック工場などもある。祝戸、石舞台、甘樫丘(あまかしのおか)、高松塚、キトラ古墳周辺の5地区が国営飛鳥歴史公園として整備され、民宿経営などの観光産業が盛ん。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良県高市郡明日香村の関連情報