コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県高市郡明日香村 あすか〈むら〉

1件 の用語解説(奈良県高市郡明日香村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕明日香〈村〉(あすか〈むら〉)


奈良県中部、奈良盆地南部の村。高市(たかいち)郡
694年(持統天皇8)の藤原京造営以前、天皇のおもな王宮がおかれた地。いずれも国指定の特別史跡である高松塚(たかまつづか)古墳・キトラ古墳・石舞台(いしぶたい)古墳をはじめ史跡や国宝級の文化財が多く、全域が明日香村保存特別措置法の対象となる。稲作と野菜栽培中心の兼業農家が多く、化学・プラスチック工場などもある。祝戸、石舞台、甘樫丘(あまかしのおか)、高松塚、キトラ古墳周辺の5地区が国営飛鳥歴史公園として整備され、民宿経営などの観光産業が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良県高市郡明日香村の関連キーワード奈良県奈良盆地竜門山地極楽寺ヒビキ遺跡百済川葛下川葛城川奈良ビブレ明日香[村]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良県高市郡明日香村の関連情報