奠稲/糈米(読み)クマシネ

デジタル大辞泉の解説

くま‐しね【×稲/×米】

神仏に供えるために洗い清めた米。かしよね。おくま。
「道俗男女に至るまで、―を包みなどして参りけり」〈伽・蛤の草紙〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる