神仏(読み)しんぶつ

精選版 日本国語大辞典「神仏」の解説

しん‐ぶつ【神仏】

〘名〙
① 神と
※栄花(1028‐92頃)浦々の別「親の限りにおはせん見奉りたりとて、公家(おほやけ)もいとど罪せさせ給ひ、神仏もにくませ給はば」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)一「殊更世の仁義を本として、神仏(シンブツ)をまつるべし」
神道(しんとう)仏教
※歌舞伎・勧進帳(1840)「内には慈悲の徳を納め、表は降魔の相を顕し、悪鬼外道を威服せり。これ神仏の両部にして、百八の珠数に仏道の利益を顕す」

かみ‐ほとけ【神仏】

〘名〙 神や仏。しんぶつ。
※土左(935頃)承平五年一月二三日「このわたり、海賊のおそりありといへば、かみほとけを祈る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神仏」の解説

しん‐ぶつ【神仏】

神と仏。「神仏加護を願う」
神道と仏教。

かみ‐ほとけ【神仏】

神と仏。しんぶつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android