コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅間源左衛門 たくま げんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宅間源左衛門 たくま-げんざえもん

?-? 江戸時代中期の和算家。
享保(きょうほう)-元文(1716-41)のころ大坂天満にすみ,和算の一派宅間派をひらいた。のちこの派から鎌田俊清らがでた。名は能清。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の宅間源左衛門の言及

【鎌田俊清】より

…江戸中期の数学者。大坂に宅間源左衛門(能清)という数学者がいた。この宅間が宅間流の開祖である。…

※「宅間源左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宅間源左衛門の関連キーワード和算家享保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android