コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享保 キョウホ

大辞林 第三版の解説

きょうほう【享保】

江戸時代の年号(1716.6.22~1736.4.28)。正徳の後、元文の前。中御門なかみかど・桜町天皇の代。将軍は徳川吉宗。きょうほ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

きょうほ【享保】

⇒享保(きょうほう)

きょうほう【享保】

日本の元号(年号)。江戸時代の1716年から1736年まで、中御門(なかみかど)天皇、桜町(さくらまち)天皇の代の元号。前元号は正徳(しょうとく)。次元号は元文(げんぶん)。1716年(正徳6)6月22日改元。公式には天災の凶事を断ち切るためだったが、実質的には徳川家継(いえつぐ)(7代将軍)の死去にともない、幕府の意向で行われた改元とされている。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。享保年間の江戸幕府の将軍は徳川吉宗(よしむね)(8代)。1716年(享保1)、第7代将軍の家継がわずか8歳で夭逝したため、紀州藩第5代藩主の吉宗が将軍に就任した。吉宗は、第6代将軍の徳川家宣(とくがわいえのぶ)が重用した、間部詮房(まなべあきふさ)や新井白石(はくせき)を罷免して側用人(そばようにん)を廃し、新たに水野忠之(ただゆき)を老中に任命して将軍親政を開始、逼迫していた幕府財政の再建に着手した。これは一般に「享保の改革」といわれている。◇「きょうほ」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

享保の関連キーワード柴崎林左衛門(初代)鴻池善右衛門(5代)十寸見河東(2世)松本幸四郎(1世)堆朱楊成(11代)上村吉弥(3代)金道(3代)山下幸内上書仏兄七久留万松平浅五郎板倉重泰稲葉正任青木一都青山俊春板倉勝興毛利広政土屋陳直新井白石徳川家宣武田信村

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

享保の関連情報