元文(読み)げんぶん

日本の元号がわかる事典「元文」の解説

げんぶん【元文】

日本の元号年号)。江戸時、1736年から1741年まで(元文6年までの6年間)、桜町(さくらまち)天皇の代の元号。前元号は享保(きょうほう)。次元号は寛保(かんぽう)。1736年(享保21)4月28日改元桜町天皇即位にともない行われた(代始改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。元文年間の江戸幕府将軍は徳川吉宗(よしむね)(8代)。享保年間に引き続き、吉宗による改革(享保の改革)が行われ、1736年(元文1)には町奉行の大岡忠相(ただすけ)らの建議により、米価を上げるために貨幣改鋳を行っている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「元文」の解説

げんぶん【元文】

江戸中期、桜町天皇の代の年号。享保二一年(一七三六)四月二八日、代始により改元。八代将軍徳川吉宗の時代。元文六年(一七四一)二月二七日寛保(かんぽう)と改元。出典は「文選」の「武創元基、文集大命、皆体天作制」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android