元文(読み)ゲンブン

大辞林 第三版の解説

げんぶん【元文】

年号(1736.4.28~1741.2.27)。享保の後、寛保の前。桜町天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんぶん【元文】

日本の元号(年号)。江戸時代、1736年から1741年まで(元文6年までの6年間)、桜町(さくらまち)天皇の代の元号。前元号は享保(きょうほう)。次元号は寛保(かんぽう)。1736年(享保21)4月28日改元。桜町天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。元文年間の江戸幕府の将軍は徳川吉宗(よしむね)(8代)。享保年間に引き続き、吉宗による改革(享保の改革)が行われ、1736年(元文1)には町奉行の大岡忠相(ただすけ)らの建議により、米価を上げるために貨幣改鋳を行っている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんぶん【元文】

江戸中期、桜町天皇の代の年号。享保二一年(一七三六)四月二八日、代始により改元。八代将軍徳川吉宗の時代。元文六年(一七四一)二月二七日寛保(かんぽう)と改元。出典は「文選」の「武創元基、文集大命、皆体天作制」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元文の関連情報