コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙黒体放射 ウチュウコクタイホウシャ

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐こくたいほうしゃ〔ウチウコクタイハウシヤ〕【宇宙黒体放射】

宇宙背景放射

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙黒体放射
うちゅうこくたいほうしゃ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宇宙黒体放射の言及

【宇宙背景放射】より

…アンテナをどの方向にむけても同じ強度で入射してくることからこの名称がある。電波の強度が絶対温度約3Kに相当することから3K放射,電波のスペクトルが黒体放射の性質を有することから宇宙黒体放射などとも呼ばれる。 この電波は,1965年,アメリカの技術者ペンジアスA.A.PenziasとウィルソンR.W.Wilsonによって発見された。…

※「宇宙黒体放射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇宙黒体放射の関連キーワードウィルソン(Robert Woodrow Wilson)ハッブルの法則電波天文学ペンジアズ光の科学史ペンジアス電波天体宇宙

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android