コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守る目 モルメ

デジタル大辞泉の解説

もる‐め【守る目】

人が見守ること。をしていること。また、その目。
「―のみあまた見ゆれば三笠山知る知る如何さして行くべき」〈後撰・恋六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

守る目の関連キーワードアンジェラ ヒューイット偽イシドルス教会法令集モイスチャー化粧品北米航空宇宙防衛軍スペクトラム拡散日焼け止め化粧品連邦取引委員会売り手責任制農業共済制度消費者契約法オグルソープ百間川遺跡プレカラムミーガン法OPEC公安条例三笠山ギルド棚田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守る目の関連情報