コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笠山/御蓋山 ミカサヤマ

デジタル大辞泉の解説

みかさ‐やま【三笠山/御蓋山】

奈良市の市街地の東にある春日(かすが)大社後方の山。若草山の南にあり、春日山の西峰をなす。標高282メートル。若草山をさしていうことも多い。みかさのやま。[歌枕
《天皇の御(み)かさとしてそば近くで警衛にあたる意をかけて》近衛(このえ)の大将・中将・少将の異称。みかさのやま。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三笠山【みかさやま】

奈良県奈良市街東部にある山。御蓋山とも。標高297m。西麓春日大社がある。古くから背後の春日山とともに春日大社の境内に属し伐採を禁じられていたため,原始林におおわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三笠山

東京都中央区日本橋に本店を置く菓子店、文明堂東京が製造・販売するどら焼き同社登録商標。高級ラインの「黄金(こがね)三笠山」もある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三笠山
みかさやま

奈良市の市街地東方にある山。標高293メートル。御蓋(みかさ)山とも書く。若草山の南側、春日山(かすがやま)の西峰で、原始林に覆われ、蓋(笠)を伏せたような山容からその名がある。山体は主として三笠山安山岩(両輝石安山岩)からなるが、旧火山ではなく、火山岩が侵食に耐えて残存したものである。かつて若草山と混同された。山頂に本宮神社と七本杉があり、西側中腹に国指定天然記念物のナギ樹林がある。古歌に多く詠まれ、とくに阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)の「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出(い)でし月かも」(『古今集』巻9)は有名である。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三笠山/御蓋山の関連キーワード北海道上川郡和寒町東京都中央区日本橋おんたけ2240若草山・嫩草山妹背山婦女庭訓忍路環状列石忍路環状石籬三笠(市)和寒(町)黒川 利雄カステラ巻笠置山地百人一首大伴稲公南都八景こきだく春日信仰守る目碇ヶ関幾許く

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android