コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笠山/御蓋山 ミカサヤマ

5件 の用語解説(三笠山/御蓋山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みかさ‐やま【三笠山/御蓋山】

奈良市の市街地の東にある春日(かすが)大社後方の山。若草山の南にあり、春日山の西峰をなす。標高282メートル若草山をさしていうことも多い。みかさのやま。[歌枕]
《天皇の御(み)かさとしてそば近くで警衛にあたる意をかけて》近衛(このえ)の大将・中将・少将の異称。みかさのやま。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三笠山【みかさやま】

奈良県奈良市街東部にある山。御蓋山とも。標高297m。西麓に春日大社がある。古くから背後の春日山とともに春日大社の境内に属し伐採を禁じられていたため,原始林におおわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

三笠山

東京都中央区日本橋に本店を置く菓子店、文明堂東京が製造・販売するどら焼き。同社の登録商標。高級ラインの「黄金(こがね)三笠山」もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕三笠山(みかさやま)


若草山(わかくさやま)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三笠山
みかさやま

奈良市の市街地東方にある山。標高293メートル。御蓋(みかさ)山とも書く。若草山の南側、春日山(かすがやま)の西峰で、原始林に覆われ、蓋(笠)を伏せたような山容からその名がある。山体は主として三笠山安山岩(両輝石安山岩)からなるが、旧火山ではなく、火山岩が侵食に耐えて残存したものである。かつて若草山と混同された。山頂に本宮神社と七本杉があり、西側中腹に国指定天然記念物のナギ樹林がある。古歌に多く詠まれ、とくに阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)の「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出(い)でし月かも」(『古今集』巻9)は有名である。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三笠山/御蓋山の関連キーワード春日山高円山春日井春日権現春日藤織春日舞春日山原始林THE MALL 春日井春日佳一春日宮天皇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone