コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井大江丸 やすい おおえます

美術人名辞典の解説

安井大江丸

江戸後期の俳人。大坂生。名は政胤、通称は善兵衛。芥室・旧国・旧州等の号がある。三度飛脚を業とし、俳諧狂歌を学ぶ。絵も能くする。文化2年(1805)歿、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

世界大百科事典内の安井大江丸の言及

【大江丸】より

…江戸中期の俳人。姓は安井,名は政胤,通称は大和屋善右衛門。隠居後,宗二と称す。前号は芥室,旧国,旧州。大坂の人。三度飛脚の問屋を営む。旧室,良能の門に入って談林俳諧を学び,後に蓼太(りようた)に入門。蕪村,几董(きとう)らと交わり,天明・寛政期(1781‐1801)俳壇に重きをなしたが,終生,遊俳の立場を貫いた。絵筆をもてあそび,狂歌をもたしなんだ。編著は《俳懺悔》《秋存分》等。〈能因にくさめさせたる秋はこゝ〉(《はいかい袋》)。…

※「安井大江丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

安井大江丸の関連キーワード俳句(文学)大伴大江丸

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android