コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴大江丸 おおとも おおえまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴大江丸 おおとも-おおえまる

1722-1805 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)7年10月5日生まれ。大坂で飛脚問屋をいとなみ,俳諧(はいかい)を笠家旧室,大島蓼太(りょうた)らにまなぶ。70歳で俳諧に専念。与謝蕪村,高井几董(きとう)らとも親交をむすんだ。文化2年3月18日死去。84歳。大坂出身。姓は安井。名は政胤。通称は大和屋善右衛門。別号に旧国(ふるくに),芥室,大江隣。句集に「俳懺悔(ざんげ)」「はいかい袋」,紀行に「秋存分」など。
【格言など】さくさくと藁(わら)喰ふ馬や夜の雪(「俳懺悔」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴大江丸

没年:文化2.3.18(1805.4.17)
生年:享保7(1722)
江戸中期の俳人。安井氏。名は政胤。幼名は利助,隠居後は宗二。通称は大和屋善右衛門。江戸店での屋号は嶋屋佐右衛門。初号は芥室,のち旧州(国),大江隣と改め,晩年は大伴大江丸を号する。大坂高麗橋1丁目に生まれ,北革屋町に住し,飛脚問屋を営む。寛延3(1750)年家督を継ぎ,三都随一といわれるまでに家勢を盛りたてた。笠家旧室門のち前田良能・大島蓼太門。与謝蕪村,高井几董,加藤暁台,白井鳥酔らとも交わり,蕉風復興運動に寄与した。寛政2(1790)年,古稀を迎えて賀集『俳懺悔』を刊行した。このころから四季折々に摺物を催し各地の詞友に配り,独自の軽妙,洒脱な作風を強く打ち出していく。同12年に,前後5カ月にわたる東奥旅行を敢行し,江戸では大島完来,建部巣兆,夏目成美,鈴木道彦,白猿(5代目市川団十郎)らと風交を共にしている。蕉風転向後の彼は持論通り,一門一党に偏らず,多彩な作風を展開し,小林一茶にも影響を与えた。<参考文献>大谷篤蔵「大伴大江丸」(明治書院『俳句講座』3巻)

(加藤定彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおとものおおえまる【大伴大江丸】

1722~1805) 江戸中・後期の俳人。本名、安井政胤。別号、旧国ふるくになど。大坂の飛脚問屋。蓼太りようた門で遊俳の代表的人物。句風は軽妙洒脱。著「俳懺悔」「秋存分」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大伴大江丸
おおともおおえまる

[生]享保7(1722).大坂
[没]文化2(1805).3.18. 大坂
江戸時代中期~後期の俳人。本名,安井政胤。通称,大和屋善兵衛。別号,芥室,旧国,旧州,大江隣,廻心斎。大坂の三度飛脚の問屋を業とし,余技として俳諧,狂歌をたしなんだ。俳諧は大島蓼太門で諸名家と交わり,天明,寛政の俳壇に重きをなした。編著『秋存分』 (1797) ,『俳諧袋』 (1802) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大伴大江丸の関連キーワード安井大江丸句風

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android