コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝輪寺塔 ほうりんじとう

1件 の用語解説(宝輪寺塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ほうりんじとう【宝輪寺塔】

中国の山西省と河南省の境界にある三門峡市西部から3kmに位置する、陜州風景区にある塔。唐代に僧・道秀が創建し、現存する塔は12世紀後半の金時代に僧・智秀が建て直した。中国古代四大回音建築の一つで、高さは26.5m、13層密檐(みつえん)式のレンガ塔である。◇塔のまわりで手を叩くと、こだまがガマガエルの鳴き声のように返ってくることから、「蛤蟆塔」とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝輪寺塔の関連キーワード衛河河南山東三門峡井崗山祁連山大別山脈竜門山西[省]上村嶺虢国墓

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone