コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝輪寺塔 ほうりんじとう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ほうりんじとう【宝輪寺塔】

中国の山西省河南省境界にある三門峡市西部から3kmに位置する、陜州風景区にある塔。唐代に・道秀が創建し、現存する塔は12世紀後半の金時代に僧・智秀が建て直した。中国古代四大回音建築の一つで、高さは26.5m、13層密檐(みつえん)式のレンガ塔である。◇塔のまわりで手を叩くと、こだまがガマガエルの鳴き声のように返ってくることから、「蛤蟆塔」とも呼ばれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android