コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境界 きょうかい boundary

翻訳|boundary

7件 の用語解説(境界の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

境界
きょうかい
boundary

S を位相空間,M をその部分集合とする。いま M の内点全体を MiM の外点全体を MeM の補集合を Mc とおけば,McMeMMc=φ,MiMe=φ である。 M の境界および境界点とは,補集合 Mf=(MiMe)c およびこの補集合の点のことである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょう‐かい〔キヤウ‐〕【境界/×疆界】

土地のさかい。「隣国との―」
物事のさかい。「哲学と文学の―」

きょう‐がい〔キヤウ‐〕【境界】

各人をとりまく境遇。境涯。
「これまでの不安心な―を一歩離れて」〈鴎外阿部一族
精神・感覚の働きによりもたらされる状態。境地。
「恋とか愛とか云う―は既に通り越して」〈漱石草枕
仏語。
㋐善悪の報いによって各人が受ける境遇。
㋑「境(きょう)4」に同じ。
自分の力の及ぶ範囲。
「己が―にあらざる物をば、争ふべからず」〈徒然・一九三〉

けい‐かい【境界/経界】

土地などのさかい。きょうかい。
「立札だけの荒れた土の中にむなしく残った一ト廓(くるわ)の―」〈万太郎・春泥〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

境界

土地の境界には二つの意味があり、一つは土地の所有権の及ぶ範囲を示す「私的境界」と、一つは公図(地図)上に示された地番ごとの土地の区画線を示す「公的境界」のこと。土地の境目。隣接地とのトラブルが起きないよう、境界には石などの杭を入れる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうかい【境界】

土地のさかい目。
物事のさかい目。 「 -領域」 → きょうがい(境界)

きょうがい【境界】

〘仏〙
きよう 」に同じ。
自分の力が及ぶ範囲。 「おのれが-にあらざる物をば争ふべからず/徒然 193
報いとして得られた境遇。 「おのれらは俗塵ぞくじんに埋れて世渡る-ながら/おらが春」
その人の置かれた状況。境涯。 「心は-によつて転じ変はる/浄瑠璃・宵庚申」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

境界の関連キーワード各人各人各説境涯境遇繞く総括其れから其れまで捕方取巻くうりまく

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

境界の関連情報