コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境界 きょうかいboundary

翻訳|boundary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

境界
きょうかい
boundary

S を位相空間,M をその部分集合とする。いま M の内点全体を MiM の外点全体を MeM の補集合を Mc とおけば,McMeMMc=φ,MiMe=φ である。 M の境界および境界点とは,補集合 Mf=(MiMe)c およびこの補集合の点のことである。したがって位相空間 S は,MiMeMf の和集合に等しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐かい〔キヤウ‐〕【境界/×疆界】

土地のさかい。「隣国との―」
物事のさかい。「哲学と文学の―」

きょう‐がい〔キヤウ‐〕【境界】

各人をとりまく境遇。境涯。
「これまでの不安心な―を一歩離れて」〈鴎外阿部一族
精神・感覚の働きによりもたらされる状態。境地。
「恋とか愛とか云う―は既に通り越して」〈漱石草枕
仏語。
㋐善悪の報いによって各人が受ける境遇。
㋑「境(きょう)4」に同じ。
自分の力の及ぶ範囲。
「己が―にあらざる物をば、争ふべからず」〈徒然・一九三〉

けい‐かい【境界/経界】

土地などのさかい。きょうかい。
「立札だけの荒れた土の中にむなしく残った一ト廓(くるわ)の―」〈万太郎・春泥〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうかい【境界】

土地のさかい目。
物事のさかい目。 「 -領域」 → きょうがい(境界)

きょうがい【境界】

〘仏〙
きよう 」に同じ。
自分の力が及ぶ範囲。 「おのれが-にあらざる物をば争ふべからず/徒然 193
報いとして得られた境遇。 「おのれらは俗塵ぞくじんに埋れて世渡る-ながら/おらが春」
その人の置かれた状況。境涯。 「心は-によつて転じ変はる/浄瑠璃・宵庚申」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

境界の関連キーワードボーダーライン人格障害トランスフォーム断層ブドウ糖負荷試験ボーダーラインケミトロニクス境界性人格障害境界型人格障害エクマン境界層ボーダーレス大気境界層地球の限界実相無漏ボーダー外部接触一念不生位相空間縄引き分水界BPD干潮線

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

境界の関連情報